メガネのウィンク 三好店は、スポーツサングラスからブランドアイウェアまでを
ご提供している、イオン三好店 アイモール2Fのメガネ専門店です。

「メガネのウインク三好店では、お客様の生活スタイルに合わせたレンズをご提案致します。
またTALEXをはじめとするスポーツ・アウトドア用レンズも多数ご用意しております。ぜひお気軽にご相談下さい。

メガネと同じように、サングラスでも大切なのはレンズです。
いま、かけがえのないあなたの目のためにできることがあります。それは雑光をカットし、もの澄み切った心地良い光景にほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

レンズの種類について

レンズにはどんな種類があるの?

レンズは大きく分けて「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」があります。
遠くだけ、あるいは近くだけを見たいというように、1枚のレンズにひとつの焦点のレンズが単焦点、
遠く用と近く用などの複数の焦点が1枚のレンズに入ったものが多焦点です。
単焦点レンズは近視、遠視、乱視などの一般的な視力補正に用いられ、多焦点レンズは主に老眼の時に使用します。
最近は境目のない「累進屈折力レンズ」が主流です。

レンズ構造

単焦点レンズ(近視・遠視・乱視用レンズ)とは?

単焦点レンズと言われる「遠視・近視・乱視用」のレンズは大きく「球面レンズ」「非球面レンズ」
「両面非球面レンズ」の3つに分けられます。
従来からある「球面設計」、ゆがみを減らしレンズの厚みを薄くする「非球面設計」、
さらに性能・薄さを向上させた「両面非球面設計」、よりカスタマイズされたオーダーメイド非球面設計があります。
それそれ見え方、レンズの厚み等に違いがあります。

レンズ構造

多焦点レンズとは?

1つのレンズに焦点が多数あるレンズです。
「遠近両用レンズ」に代表される、1つのメガネで掛け替えることなく遠くと近くを見ることができるレンズです。
他に「中近両用レンズ」「近用ワイドレンズ」などがあります。最近は境目のない「累進屈折力レンズ」が主流です。

レンズ構造

球面レンズとは?

球面レンズとは、レンズを横から見たとき、丸くカーブを描くように設計されているレンズです。
比較的安価なので一般的に使われています。レンズの外側に行けば行くほど、
ゆがみが大きくなることがデメリットですが、球面レンズであっても、
小さなフレームであれば外側部分はカットされるため、それほどゆがみは発生しません。
しかし、 度数が強くなると、鮮明に見える範囲が狭くなったり、物が歪んで見えたりすることがあります。

レンズ構造

非球面レンズとは?

非球面レンズとは、レンズの外面カーブを、非球面に設計しています。
球面レンズに比べ、薄くゆがみが少ないことが特徴ですが、球面レンズよりも、
価格が高くなるというデメリットがあります。
球面設計のレンズに比べ、周辺部のボヤケやユガミが少なく、薄く、軽いレンズに仕上がります。
弱度~強度まで幅広く対応出来るレンズです。

レンズ構造

両面非球面レンズとは?

レンズのカーブが外面・内面ともに非球面になっている先進設計レンズです。
非球面設計がレンズの両面に施されているため、ボヤケやユガミが少なくなります。
周辺部の見え方にこだわられる方や乱視が強い方に最適なレンズです。

レンズ構造

オーダーメイド両面非球面レンズとは?

最先端技術を応用したメガネレンズで、一人ひとりの度数やフレーム形状、使用目的に合わせて、
オーダーメイドで設計するので、ボヤケやユガミが少なく、もっとも自然でクリアな視界を実現します。
乱視の光学性能が劣化する斜め方向を補正するために8軸の乱視非球面を設定。
乱視レンズとして最高の性能を発揮します。

レンズ構造

レンズの見え方タイプ別

用途に合ったレンズを選ぶことで、より快適なライフスタイルを楽しめます。

近くも遠くも見える遠近両用レンズ

・用途/ドライブやお買い物、おでかけなど、
 幅広く使えます。
・特性/近くから遠くまで、スムーズに見えます。

レンズ構造

室内のお仕事や作業に中近両用レンズ

レンズ構造

・用途/テレビを見たり、料理をはじめとする家事全般、
 会議や室内でのお仕事、趣味など。
・ 特性/約2メートルより手前の視野は、
 遠近両用レンズよりも広く、手元から数メートル
 先までをカバーします。

手元での細かい作業に近用ワイドレンズ

・用途/パソコンなどのディスプレイ上での作業や新聞を
 読んだりなど、広い面を見る時に便利です。
・特性/中近両用レンズよりもさらに手元の視野が広く、
 手元専用レンズよりも奥の方まで見えます。

レンズ構造

より手元に近い作業に手元専用レンズ

・用途/手元の範囲に限られた距離を長時間見るために。
・特性/レンズ全体が手元の焦点に合うため、
 広い視野で手元が見えます。

レンズ構造

近くを見るのにがまんしたくない〈調整力サポートレンズ〉

調整カサポートレンズとは、携帯電話・スマートフォンなどの近い距離を楽に見ることができるレンズです。
遠近両用にする程ではないが、近くを見ると疲れやすい30代、40代の方におすすめです。

レンズ構造
ページトップへ